contents
HOME
会社案内
工事の流れ
保証制度について
地元工務店の強み
工務店で家を建てるメリット
ハウスドクター
ローン計算電卓機能
木が与えるメリット
木造住宅の良さ
構造・端柄材の名称
木造住宅のいろいろな工法の紹介
お問い合わせ

施工事例集
一般住宅
集合住宅
商業施設
リフォーム
有限会社 江島建設
〒849-0121
佐賀県三養基郡上峰町江迎528-2
TEL:0952−52−5254
FAX:0952−52−4839
E-mail:メールアドレス
CW断熱について
CW断熱

CW断熱

今までの日本で流通しているウレタン・グラスウール等の断熱材は保温性能に優れ冬は暖かいのですが、遮熱効果ができないため夏の暑さは基本的には防げません。むしろ蓄熱作用により熱帯夜に拍車を掛ける要因のひとつでした。
また、アルミ熱線反射材は熱線(赤外線)を反射し、夏は涼しいのですが、冬は保温効果が期待できず、また結露の可能性も心配されていました。
そこで、この2つの互いに相反する性質を複合させることにより、互いの欠点を補い、暑さにも寒さにも対応できるよう開発したのがCW断熱です。


CW断熱とは?

さらに、ウレタン現場発泡によりほぼ完璧な気密性能が期待できます。また、防音性能に優れ、結露が発生しないことも実証されております。安全性や作業性も良く、短期間で施工ができます。
ウレタン厚さを変えることにより、日本全国の地域に対応でき、公庫融資基準、次世代省エネ基準も対応できます。
すなわち、夏涼しく、冬暖かで、省エネ効果の実感できる高性能な断熱・遮熱工法です。

このページのトップへ
基本的な施工方法

アルミ熱線反射板をハサミ・カッター等で切断し、透湿防水シートの代わりにタッカーで柱の外側に固定します。その上に通気胴縁を取り付け、外装を仕上げます。内部から柱間に現場発泡ウレタンを施工し、内壁を仕上げます。屋根面・天井面も同様となりますが、アルミ熱線反射材は、反射空間が必要ですので、アルミの外側に通気層を15〜40o程度設けるのがポイントとなります。鉄骨造・RC造等応用ができますので施工方法は問い合わせて下さい。

このページのトップへ
CW断熱工法の特徴
CW断熱工法の特徴
このページのトップへ
施工実例
アルミ遮熱(反射材料)取り付け
現場発砲ウレタン吹付
CW断熱完成
このページのトップへ
CW断熱
  • 目的/断熱・遮熱・保湿等を必要とする箇所に使用し、住環境改善および、省エネ、結露対策、温熱環境改善を目的とする。
  • 使用箇所/主に、外壁・屋根・天井など、屋内と屋外の境目となる箇所。
  • 効果/熱移動の種類は、対流熱、伝導熱、幅射熱の3種類があり、アルミ遮熱材と現場発砲ウレタン吹付けを組み合わせて、断熱・遮熱・保湿・気密・結露対策の性能を発揮する。
発砲ウレタン
吹付
アルミ遮熱材料 複合体
対流熱対策 ×
伝導熱対策 ×
幅射熱対策 ×
気密性
表面結露 ×
防水性
透温性 ほとんど無し 無し 無し
耐久性
難熱性 難熱材料適合
腐食性
防音性能
電磁波カット率 10%前後 95%以上 95%以上
作業性
材料強度
重量 軽量 軽量 軽量
安全性
環境性
施工期間 短期間 短期間 短期間
残材発生量 少ない 少ない 少ない
このページのトップへ
お客様の声
お客様の声
このページのトップへ
現場の棟梁の声
現場の棟梁の声
このページのトップへ
受賞・メディア掲載記事
このページのトップへ